前へ
次へ

実家との関係を事前に話し合っておく

結婚式は個人同士で行いますが、式においては家同士で行うことが強調されます。
それまで関係のなかった家同士が結婚によってつながり親戚になります。
互いに行き来をすることも多くなるかもしれません。
ただ各家庭の事情はそれぞれにあり、将来的な考えも個々に持っているかもしれません。
男性であれば長男かそれ以外かがあり、長男であれば実家を継ぐなどが必要になりそうです。
実家が事業をしているならそれを継ぐ可能性もありますし、田舎に家があるならそこに戻らないといけないかもしれません。
長男である人が結婚をするときには実家との関係をしっかり話しておく必要があります。
女性側は男性に比べると実家との関係は薄くなるかもしれませんが、自分しか子供がいないときなどは親の面倒を誰が見るのかなどを気にする必要があるでしょう。
結婚時は問題なくても将来親を介護しないといけないときに同居などをしてくれるのかきちんと話し合っておくと良いかも知れません。

Page Top