前へ
次へ

親が結婚式の口出しをしてくるとき

結婚といえば家同士が行うもので、昔は親同士が勝手に決めることが多かったとされます。
本人同士が合うのが結婚式当日のこともありますから、当然結婚式をどうするかなどを本人同士で話し合ったりはできません。
その頃の結婚式は今のような派手なものではないので、決めることもあまりなかったかもしれません。
今の結婚式はまず結婚をする当事者同士の存在があり、二人で結婚式の内容を決めていくことが多いです。
結婚式場であったり衣装、誰を招待するかなども決めていきます。
ただすべてを当事者同士だけで決められるかというとそうではなく、親が口出しをしてくるときもあるでしょう。
厳しい家などでは古くからのしきたりを守る必要があるため、どんな式をしなければいけないとか規模をどれくらいにしないといけないなど言われるときもあります。
親族との兼ね合いもあるのである程度親の話を聞く必要もあるでしょうが、すべて親の言う通りにする必要はありません。
自分たちの意見もきちんと伝える必要があります。

Page Top