前へ
次へ

小遣い制を導入するかどうかを決める

一人暮らしをしているときは稼いだお金から生活費を払い、残ったお金を自由に使ったり貯蓄などに回したりしたのでしょう。
人によってはすべてを自由に使ってしまうこともありますし貯蓄にする人もいて、同じ給料でもお金の残り方が異なります。
一人暮らしならお金の使い方の影響は自分のみです。
結婚をしたら給料から得られるお金で夫婦の生活をする必要があり、生活費として払った後のお金も計画的に貯蓄をする必要があります。
それまで自由に使っていた人にとって、使えるお金が制限されると生活が変わり仕事などに影響するときもあるでしょう。
その時に行うといいのが小遣い制です。
給料は夫婦共通の家計に入れるようにして、その中から必要な費用を支払い小遣いも固定の金額を決めます。
そして将来のお金も決めて貯蓄も確実にできるようにします。
小遣い制に関しては夫のみが取るケースがありましたが妻も取る方がいいでしょう。
小遣いを決めずにその都度必要なお金を出す仕組みだとお金が貯まりにくい可能性があります。

Page Top